FC2ブログ

K中隊の日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NYPD旧制服

先日アソビバ板橋にて行われた「アメポリサバゲ」に参加しまして、途中からNYPDの旧制服に衣替えしたのですが...
image1545474441514 (1)
やはり人数いると絵になる...ということで、NY旧制服の方も少しづつ取り上げたいと思います。
(とはいえ未だ不明点が多くあるので、有識者方のご指導ご鞭撻を心よりお待ちしております...)

NYPD旧制服といえば「ダイハード3」でお馴染みのフレンチブルーシャツですが、20年程使われていただけあって地味に様々なバリエーション・組み合わせが存在します。
私個人では「バッジ周り」「肩パッチ」に注目して大まかに以下3つに区切って整理しています。

■70年代初期
2014-04-24 1946522
2014-04-24 1946322
72年article-0-0F3EFBFA00000578-622_964x641
70年代頭に見られるスタイルで、ベース・バー類を一切付けずにバッジをシャツに直接付けているのが特徴的です。
少し遡って60年代~の写真を見る限りでも、当時は「バッジ直付けスタイル」が主流のように思われます。その慣例でしょうか。

■70年代後期~
2014-04-24 1946329
79年Pictures of Life of the New York Police Department in the 1970s (80)
78年Pictures of Life of the New York Police Department in the 1970s (5)
70年代中~後半からはバッジのベースやサイテーションバーを装着した写真が多く見られます。
やや現行のカタチに近いですが、ネームプレートのサイズは現行のより一回り大きく、デザインも色が黒色と現行と全く異なるのが特徴的です。
併せてこの仕様は70年代初期からも極稀に見られる為、70年代自体が過渡期であった可能性もありますが...明確な資料が無く不明な所です。
また3枚目のように、稀ではありますがネームプレート無しで装着している例もあります。

■80年代中期?~
145155114678456465.jpg
1986Fort Apache41st Precinct in the Bronx
80年代の中頃?からは現行と同じシルバー(光沢なし)のネームプレートが使われ始めます。
こうなるとバッジ周りは現行と殆ど見分けがつきません。

因みに銃器・警棒等の規定も80年代後期~90年位を境に大きく変貌してゆきます。
DutyBeltの規格も幅2インチから現行の2 1/2インチへ―と...
同じフレンチブルーでも大変奥が深い、NYPD旧制服でした。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/22(金) 13:31:07|
  2. NYPD
  3. | コメント:0

8/12 市街地戦闘訓練

海兵隊の活動としては少し間が空いてしまいましたが、8/12に市街地戦闘訓練を実施しました。

IMG_2460.jpg
IMG_2560.jpg
IMG_2478.jpg
IMG_2581.jpg
IMG_30002.jpg
  1. 2014/08/21(木) 15:59:12|
  2. イベント
  3. | コメント:0

プロフィール

Buster

Author:Buster
Email(ご意見ご感想など)
Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

NYPD (25)
US Military (10)
イベント (25)
未分類 (1)

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。